Advertisement

猫がゴロゴロと喉を鳴らす理由とは?

Advertisement

『The Cat Behavior Answer Book(原題)』の著者であるアーデン・ムーア氏によると、猫は最大30の音を鳴らせるそうです。中でも、猫はゴロゴロと喉を鳴らすことでよく知られています。猫は、最もミステリアスなペットで、独特の雰囲気を醸し出しています。しかし、猫と人間との関わりの中で、猫について判明してきた点がいくつかあります。

では、猫が喉を鳴らしている時は、何を伝えようとしているのでしょうか?実は、この質問は非常に複雑です。猫が喉を鳴らすのは、ごく自然な行動ですが、生まれつきできる行動ではありません。猫は、生まれつき耳が聞こえず、目が見えないので、生後早い段階で、振動を使うようになります。

猫の喉鳴らしは、脳から始まります。リズミカルで繰り返される神経発振器によって、喉頭の筋肉にメッセージが送られます。これにより、猫は毎秒25〜150回振動し、ゴロゴロと喉を鳴らします。しかし、これは一体どういう意味を示しているのでしょうか?

 

 

1.「幸せだよ。」

 

 

rd.com

おそらく、これが最もわかりやすい理由でしょう。たいていの場合、猫が本当に懐いていると、喉を鳴らすのが聞こえます。人の膝の上で丸まって、心地よさそうにくつろいでいる場合、喉を鳴らすことで、幸せだと猫なりに表現しているのでしょう。猫にとっての「笑顔」のようなものです。

Prev1 of 8

Advertisement