ママは航空会社から、より保守的に服を着るか、搭乗を拒否される危険性があるように指示されました。

77.ザ-クルー

pixabay.com

この事件は、飛行乗組員間の改善されたコミュニケーションと調整の必要性を強調しています。 乗組員が空港ビルに29人の行方不明の乗客の存在を知っていたが、離陸前に飛行機に搭乗していなかったことに気付かなかったという事実は、確かに非常に奇妙です。 これは、すべての乗客が離陸前に会計処理されていることを確認するための細部への注意と場所のプロセスについての質問を提起します。

 

このような事故が将来発生するのを防ぐために、航空会社は乗客の搭乗を監視および追跡するためのより良いプロトコルを実装できます。 これには、PAシステムを介した定期的なアナウンス、搭乗カードに対する乗客リストのクロスチェック、およびプロセスを自動化するためのテクノロジーの使用が含まれる可能性があります。 これらの措置を講じることで、航空会社は乗客の安全を強化し、誰にとってもよりシームレスな旅行体験を提供できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

77 of 77Next