Advertisement

クレイジーな動物スパイ5選

Advertisement

3. CIAの猫

 

 

Image Source: YouTube

冷戦時代、米CIAは、国際諜報活動においてソ連をしのごうと試みました。その任務の中で、かなり奇妙な出来事に何度か遭遇しました。ソ連は動物のスパイを使用し、もちろんアメリカも同様でした。

そこで、CIAはある計画を立てました。それは、猫の耳と胸郭に送信機を手術で埋め込み、猫をスパイとして利用するという計画でした。猫を使用して、ソ連大使館で撮った録音を送信しようと目論みました。

しかしながら、猫を使ったこの計画は、猫自身によって妨げられました。猫を飼っている人ならご存知の通り、猫というのは、本能の赴くままに、好きな場所に行き、好きなことをします。それゆえ、CIAは、猫を訓練したり、猫の方向性をコントロールしたりする方法を見つけることができなかったので、この計画を断念しました。

3 of 5

Advertisement