Advertisement

「不気味な手紙:1676年に悪魔に憑りつかれた修道女により書かれた、悪魔からのメッセージ」の翻訳

Advertisement

shutterstock.com

ある夜、その修道女は悪魔に憑りつかれた恐ろしい状態から目覚め、自身がインクで染まっていることに気づきました。彼女の混乱に拍車をかけたのは、その夜部屋に奇妙な手紙を見つけたことでした。最初修道女は、その手紙が誰からのもので何についてのものかわからなかったのです。

それでも一つ明白なことは、その手紙が奇怪な文字で書かれており、結論として考えられるのはサタンからのメッセージであるということでした。しかし約340年が経過しましたが、誰もメッセージを解読できませんでした。しかしこれも最近までのこと。

Prev1 of 20

Advertisement