絶滅の危機にある10の動物たち – 今の子供たちが大人になる頃には消えている!?

毎日、世界は何か新しいものを発見していますが、新しい動物種も例外ではありません。新しい発見は世間からの注目を集めます。一方で、ある一連の終わりなく続く出来事が、一部の動物を絶滅に追いやっているというのも事実です。ある科学的な研究によると、40億種もの動物種が絶滅の危機に瀕しているそうです。

残念ながら、世界人口の増加、自然の搾取、前例のない気候変化が、これら動物種の絶滅の主な要因となっています。

自然絶滅率とは、定義上、人間の存在なしに、植物や動物がどれだけ速くまたは遅く死ぬかの値を意味します。したがって、前述の現状問題を考慮すると、動物種は通常の自然絶滅率よりも、約1000倍もの速さで絶滅に向かっていることを示しています。結果として、毎日150〜200種の動物がこの世から消滅しています。

すべての既存の種の中から、絶滅危惧種を10つに絞ることは容易ではありませんでした。現在、絶滅の危機に瀕している動物はあまりにも多いのです。以下のリストは、ただ単に世の中に向けて警鐘を鳴らすものでしかありません。実際のところ、その他にも、未だ知られていない絶滅種も多数存在するのです。そして、そのうちの何百万もの動物種は、今後数年の間で絶滅する可能性は大いにあります。

 

スマトラオラウータン

pexels.com

近絶滅種であるスマトラオランウータンは、過去75年間で80%以上が減少しました。

Prev1 of 10