健康に一番いい寝姿勢とは?

pexels.com

まるで赤ちゃんのように、最後にぐっすり寝れたのはいつですか?赤ちゃんのように眠れると主張する人は、通常赤ちゃんがいない人だと思われます。しかし、赤ちゃんのように眠ろうと、酔っ払いのように眠ろうと、睡眠は、ほとんどの人が毎晩6〜8時間の時間を費やすものです。したがって、結局のところ、睡眠は人間の健康に大きな影響を与えるので、毎回正しい姿勢で眠ることが重要です。

それでは、どの睡眠姿勢がベストで、逆に避けたほうがいい姿勢はどれでしょうか?

 

 

うつ伏せで寝る

 

 

shutterstock.com

うつ伏せは、最も一般的な寝姿勢かもしれません。しかし、寝方としては最悪です。うつ伏せの状態では、背骨は不自然な位置にあります。さらに関節や筋肉は、寝ている間に疲れを取るべきなのに、うつ伏せでは、かえって負担が大きくなってしまいます。そして、うつ伏せで眠ると、重力に引っ張られるので、胸がたるんでしまう可能性もあります。また、一晩中、枕に顔をこすりつけることになるので、顔のしわを引き起こす可能性まであります。うつ伏せが寝やすい利点の一つは、いびきを軽減することでしょう。しかしこの事実に対して、異論を唱える睡眠療法士もいます。

[次へ]ボタンをクリックして、続きをご覧ください。

Prev1 of 4