Advertisement

こんなにあった!アルツハイマーの初期症状 15!

Advertisement

アルツハイマーは特有の初期症状があります。あれ?いつもと違うな、と思ったら初期症状のサインかもしれません。そんなサインを見逃さないためにも症状を事前にしることで大事になることを防ぎましょう。

 

1.もの忘れがひどく、今言ったことをすぐ忘れる

minnanokaigo.com

アルツハイマー型認知症では直近の記憶を覚えていられないため、同じことを何度も尋ねたり、食事を摂ったことを忘れて夕食を催促したりします。本人にとっては「繰り返している」自覚はありません。

そのほかの症状としては、水を流しっぱなしにしてしまったり、食事をしたことを忘れてしまうなどがあります。

保続

ふたつ目に考えられる要因は、“保続”です。

“保続”という症状は、脳の損傷などによって思考の切り替えができなくなるため、同じ言葉や行動を繰り返してしまいます。

例えば、おいくつですか、と尋ねたあとに「90歳です」と答えたあと、何を尋ねても「90歳です」と答えてしまうのです。

Prev1 of 15

Advertisement